2014年4月
中央大學

中央大學の社會連攜と社會貢獻に関する理念

中央大學は、これまで、「広く知識を授け、深く専門の理論及び応用を教授?研究し、もって個性ゆたかな人間の育成を期するとともに、文化の創造?発展と、社會?人類の福祉に貢獻することを使命」(中央大學學則第2條)として、建學の精神である「實地應用ノ素ヲ養フ」教育と研究を発展させるとともに、これら教育研究活動を通じて、広く社會に貢獻することに努めてきました。今日においても、中央大學が求められている基本的な役割とは、教育研究を広く展開し、中央大學で學んだ有為な人物を社會に送り出すことと、その研究成果をもって社會を豊かにすることにあります。しかしながら、私たち中央大學には、こうした教育研究活動の成果をもって社會に貢獻することのみならず、新たな役割として、その教育研究活動自體を社會の中で、社會の要請に応えて、社會と協働して行うこと、さらには、長い歴史と伝統の中で蓄積された知的?人的?物的な資産と多様な年齢構成と背景を有する3萬もの學生および教職員を擁する大學組織市民として、社會に開かれた活動を行うことが、求められています。大學が新たな役割を擔うことで、新たな価値が生み出されます。この新たな価値は、學生をはじめ大學構成員に還元され、大學がさらに社會に開かれた活動を行う源泉となるのです。

そこで中央大學は、大學の本來的使命および機能としての教育研究に加えて、「社會連攜」(教育研究活動における中央大學外の人?組織?コミュニティとの協働)と「社會貢獻」(地域社會?日本社會?國際社會のみならず、経済社會や文化的コミュニティ等、広い意味での社會全體の発展への寄與)を新たな使命として位置づけ、「行動する知性。Knowledge into Action」のユニバーシティ?メッセージの下、人的?物的?組織的體制を整えて取り組みます。また、こうした取り組みによって、本學が展開するキャンパス周辺をはじめとする地域社會や日本社會全般における具體的問題のみならず、人類の抱える地球規模の問題解決に貢獻する決意を表明します。

以上に基づき、中央大學は、特に次のように社會連攜と社會貢獻を展開します。

  • 地域等の多様なコミュニティとの連攜?貢獻

    中央大學は、すべての人や組織がそれぞれ異なる環境と文化をもつ様々なコミュニティ、とりわけ地域コミュニティの中で生きることを自覚し、これらのコミュニティと連攜し、これに貢獻します。そのために、地域自治體との政策連攜、大學の施設と知的資産の活用、學生や教職員のボランティア活動の支援等を通じて、地域をはじめとする多様なコミュニティのニーズに応じた活動を持続的に展開します。
  • 教育機関としての社會連攜?貢獻

    中央大學は、教育の過程にも多様なコミュニティとの連攜を取り入れ、學生の學びの過程自體が社會貢獻となるように、社會からのフィードバックを得ながら、教育活動を行います。特に、留學生交換、教育研究者の派遣と受け入れなどを促進し、多様性のある地球規模での人的?知的交流による相互理解の拠點となることを目指します。
  • 研究機関としての社會連攜?貢獻

    中央大學は、研究活動を大學キャンパスに閉ざすことなく、國內外の研究者や學術研究機関と協働し、また産官學や多様なコミュニティとの信頼に基づく連攜を進めます。そして新たな知的基盤形成に向けた環境構築に貢獻するとともに、社會が求める多様な知的資産を創出します。

中央大學はこの「理念」に基づき、大學としての社會連攜?社會貢獻の活動を深化させることと、すでに本學が行っているさまざまな社會連攜?社會貢獻活動に関する情報を集約し社會に向けて発信していくことに努めます。

久久影院-国产久久亚洲美女久久